1960年代

1960年代

ベッドシット発のブティックファッション:1960年代のモード界2

ベッドシット発のブティックファッションから1960年代のモード界をまとめています。女子たちはミニスカートを身につけ、男子たちはロングヘアにして、真似することができない高齢者たちに即興の敵意を表明しました。
1960年代

スタイリストの台頭:1960年代のモード界

スタイリストの台頭から1960年代のモード界をまとめています。スタイリストスタイリスト1962年からモード界は今までの階級社会に世代差が加わって流れができてきます。20歳以下の若年層を対象にする20歳以下の若年層によるスタイリストが台頭してきました。
2019.11.15
1960年代

1960年代に服飾ファッションの軌道に乗った化学繊維

化学繊維の広がりから、1960年代の服飾ファッションをまとめています。衣料品に使われる化学繊維といえばナイロンやポリエステルを想像しますが、はたしてどのような繊維が登場するのでしょうか、そしてどんなファッション・デザイナーが登場するのでしょうか。
2019.11.06
1960年代

ミニスカートを生み出したアンドレ・クレージュの衝撃

アンドレ・クレージュはマリー・クワントと並んでミニスカートを生んだファッション・デザイナーといわれています。このページではアンドレ・クレージュの立場から、ミニスカートがどれほどの影響を世界に与えたかを概観します。
1960年代

1960年代のファッション・デザイナー

このページでは、1960年代のファッション・デザイナーのうち欧米で活躍した人物を取りあげています。アンドレ・クレージュ、ピエール・カルダン、マリー・クワントは個別ページがあるので、こちらでは取りあげません。
1960年代

スウィンギング・シクスティーズとスウィンギング・ロンドン

スウィンギング・ロンドンは、1960年代にイギリスで発展したファッションや文化のシーンのこと。その中心に位置するのがスウィングロンドン。この若者中心の現象は、輝くような楽観主義や快楽主義の時代として新しく近代的なものすべてを強調していきました。
1960年代

パリのお針子ジャニーヌの生活

雑誌『ドレスメーキング』1955年11月号47頁に掲載された記事「パリのお針子ジャニーヌの生活」を紹介しています。クリスチャン・ディオールのアトリエで働くお針子ジャニーヌの生活を追っています。当時のディオール店の様子がよくわかります。
1960年代

ゴダール「女は女である」:分断映画に帰結のある珍しい場面

アンナ・カリーナが出演したゴダール映画で私が最も印象に残っている作品は「女は女である」です。カラフルな映像にカラフルな衣装が重ねられています。テーマ・カラーは赤色と青色かと。この映画のデザイナーはジャクリーヌ・モロー。
1960年代

彼女について私が知っている二、三の事柄:彼女とは女優とパリ

この映画は、1960年代パリの都市再開発と、分断されて枯れ切った住民の生活とを、マリナ・ヴラディという主婦の日常から描いた作品です。ゴダールの映画が物語からエッセイに変わった最初の作品とされています。
2019.11.09
1960年代

アントニオーニ「欲望」:写真は真実を語るのか?

「欲望」はミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画この映画は、20歳の新進気鋭のカメラマンの日常にターゲットを絞り、1960年代ロンドンのポップカルチャーをとても暗く撮した作品です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました