ストッキング

ストッキング

レナウン バークシャー・ウルトラゾン

ふつう、穿き心地が良いから199円ではなく200円で当然だという1円単位の着用感想の基準を消費者は持ちませんから、百の位を「1」ではなく「2」でも当然だと思わせたかったのでしょう。この広告文のように企業はよく最低価格を提示します。
ストッキング

レナウン バークシャー:カラー・コーディネート

レナウン バークシャー 「婦人画報」1966年11月号。ストッキングのコーナーなのでドレスとの配色を述べています。文末の「ごぞんじでしょうか」の文体は当時の色んなところで散見されるものです。いわゆる「俺知ってるで」観点。
2019.10.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました