ディオールの晴着(マルク・ボアン)

白いドレスとピンクのドレスLastModernの衣装
この記事は約2分で読めます。

ディオールの晴着(マルク・ボアン)

このページでは「婦人画報」1967年1月号、44頁・45頁に特集された「お正月の晴着」から「ディオールの晴着」をご紹介しています。

撮影は大倉舜二、デザインは不詳ですが多分マルク・ボアン、場所提供はマキシムです。

特集リード文

豪華ですが、着こなしやすいシンプルな夜のドレスをえらびました

出典 「婦人画報」1967年1月号、44頁

特集リード文批評

イブニング・ドレスが3点紹介されています。各ドレスをみていきましょう。

白いドレスとピンクのドレス

白いドレスとピンクのドレス

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、44頁。

リード文

白いドレス 白地に銀糸とスパング入りの清楚で豪華な材質。小さな袖は全部つけず、キラキラ光ったボタン止にし、ちらりと肌がのぞく心にくいデザインです。

ピンクのドレス 華やかなスパングル刺繍を衿もとと袖口からのぞかせた、ローズ色のシルククレープのドレス。共布のベルトで締めた着やすいシャツ形式のもの。

出典 「婦人画報」1967年1月号、44頁

リード文批評

ここで使われている「こころにくい」とは漢字で「心憎い」と書きます。恨んでいる意味ではなく、敗北感をもって相手を褒める言葉です。

ブルーのアンサンブル

ブルーのアンサンブル

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、45頁。

リード文

ブルーのアンサンブル 淡いターコイズ地に銀糸紋様のブロッシェのドレスとコート。マテリアルの美しさを充分にいかした、シンプルで着こなしやすい一組です。

出典 「婦人画報」1967年1月号、44頁

リード文批評

ワニ皮のような紋様がターコイズ地。ターコイズはトルコ石のことで、12月の誕生石。ターコイズ・ブルーはトルコ石のような、不透明な青色のことをいいます。ターユツーズとも。時期は不詳ですが、昔に主産地エジプトからトルコを経てヨーロッパへ持ち込まれたといわれます。

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました