キスミー・バニシング口紅 キスミー香水

キスミー バニシング 口紅 「婦人画報」1950年9月号メイクアップ
この記事は約2分で読めます。

キスミー・バニシング口紅 キスミー香水

リード文

艶消しされたフランス調の口紅・劇場を秘める静かな唇の魅力!

巴里の口紅と液体の宝石 日本最初の製法発表!

クリームに、バニシングとコールドの2種あるように口紅にも艶のあるキスミー特殊口紅と艶消しされた、キスミーバニシング口紅とがありつまり、アメリカ調とフランス調です。

出典 「婦人画報」1950年9月号

リード文批評

次のようにアメリカとフランスを対比。

  • アメリカ調…艶のあるキスミー特殊口紅
    フランス調…艶消しされた、キスミーバニシング口紅

キスミー香水

リード文

優雅なキャラとやるせない恋の甘さのヘリオトループの2種類の香水です。特にヘリオトロープは天然香料そのまま無着色の大胆さは香料の純粋性とお召物にシミをつけません。

超短波科学による香水の本格的醸成

10年以前の貴重な香水と全く同じ長時間香波性による一滴十倍の香り

出典 「婦人画報」1950年9月号

リード文批評

キャラは香水名。キャラはともかくヘリオトロープが衣装にシミを付けないことから、当時の香水が衣装を汚していたことがわかります。この頃の香水の開発方針はシミを付けない点にありました。

「10年以前」は10年以上前と同義か。「10年以前」の方が文字数が少なく的確なので、こちらの言葉が普及してほしいところです。「一滴十倍」は比較対象がありません。かなり強いという意味を加えるのに10倍という比喩を使ったか…。

キスミー バニシング 口紅 「婦人画報」1950年9月号

「婦人画報」1950年9月号

関連リンク

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました