ソワドレーヌ服地 ファッションの女王カネボウシルク

ソワドレーヌ服地(カネボウシルク)「婦人画報」1972年9月号LastModernの雑貨
この記事は約2分で読めます。

ソワドレーヌ服地 ファッションの女王カネボウシルク

この画像はファッションの女王カネボウシルク社のソワドレーヌ服地の広告です。

「婦人画報」1972年9月号表紙裏に掲載されています。

リード文

ときめきをシルエットに秘めたソワドレーヌ(Soie de Reine)の二人。シルクが嫉妬するシルク。

自然がつくった繊維の芸術品、シルク。 あなたの立ち居ふるまいを最高に美しく見せたい!そんな大切な日を、ソワドレーヌが永遠にします。革命のシルク・ソワドレーヌ服地は

  • しわの心配をなくしました。
  • 型くずれしません。
  • 色があせたりしません。(世界11ヶ国で特許申請中)

ソワドレーヌスカーフもあります。4,000円

カネボウ東京・大阪・京都の各サービス店、特定百貨店、専門店でお求めください。(1着分9,000円より)このタッグが目印です。

Kanebo SOIE DE REINE

ファッションの女王 カネボウシルク

シワを忘れた ソワドレーヌ服地(品質体位)

取扱商社三井物産(株)、亀井(株)、丸池藤井(株)、丸枡(株)、(株)三ツ輪

Kanebo 世界のファッションをリードする 品質のカネボウ

出典 「婦人画報」1972年9月号表紙裏

リード文批評

「シルクが嫉妬するシルク」からシルク並みの品質で販売されている化学繊維の宣伝かと思いましたが、「自然がつくった繊維」シルクそのもののようです。皺・型崩れ・色あせがないとのことですから、絹糸または絹織物の段階で染色とコーティングを施し、そのうち色あせしない点は特許申請中ということかと読み取れます。

不思議なのは、数年間か数十年間は色あせしないことを自負しながら新製品として売っている時間感覚。自社で数年ないし数十年の間じっくり色あせを待って、色あせしなかったと証明した訳ではなさそうです。

写真からは薄手のシルクで一人はワンピース、一人はツーピースの部屋着やパジャマに見えます。それに対し広告文は「立ち居ふるまいを最高に美しく見せたい」と第三者の視点を入れている点で、ちぐはぐです。

「ファッションの女王 カネボウシルク」と「世界のファッションをリードする 品質のカネボウ」は、かなり大きく出たなぁという印象。

ソワドレーヌ服地(カネボウシルク)

ソワドレーヌ服地(カネボウシルク):「婦人画報」1972年9月号

 

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました