やさしい肌ざわりと美しい着こなし:さんびファンデール和装肌着

LastModernの衣装
この記事は約1分で読めます。

やさしい肌ざわりと美しい着こなし:さんびファンデール和装肌着

リード文

さんびファンデール和装肌着

No.861-1(東 衿M)862-2(東 衿L)

761-1(ペッチM)762-2(ペッチL)

Col. :オレンジ、クリーム、ラクダ、フジ

各¥1,800-

百貨店・有名専門店でお求めください。

荒川株式会社

出典 「婦人画報」1975年1月号

リード文批評

「Col.」はカラー(色)。

キャッチフレーズのうち、やさしい肌ざわりは商品に保証されています。後部の「美しい着こなし」は和装を着てから判断されるので担保されています。

「和装肌着」は和装向け肌着かと思われます。つまり肌着を和装と見ているんじゃないと思われます。

この肌着は袖口にしっかりレースを縫いつけているので洋装といえます。身頃の打ち合いから和装風ではありますが、この打ち合いは日本に限らずあちこちで存在したので和装とはいえません。

ここで難問発生。

原っぱの背景と可愛いモデルとババシャツの3つをトータルに理解する難しさ。

やさしい肌ざわりと美しい着こなし:さんびファンデール和装肌着

やさしい肌ざわりと美しい着こなし : 「婦人画報」1975年1月号

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました