優雅でリッチなドレスアップ:<モニース>ブラウスだから

優雅でリッチなドレスアップ : ブラウスだから(「婦人画報」1974年4月号)シャツ・ブラウス
この記事は約2分で読めます。

優雅でリッチなドレスアップ:<モニース>ブラウスだから

リード文

パーティにはシックに、街ではフレッシュに…プラウスも、こんなふうに着こなしたいもの。

<モニース>は、すばらしい光沢、優雅なドレープ性、あざやかな色調、軽い着心地が特長のゴージャスな繊維。このすばらしさを生かしたいままでにない高級なブラウス、それが<モニース>のブラウスです。

<モニース>は米国デュポン社が開発、カネボウが高度な加工力と意匠力で創り上げた自信作。

この繊維は相模商会・東京ブラウス・吉村の各社がブラウスとして念入りに仕上げました。

出典 「婦人画報」1974年4月号

リード文批評

これはモニース(monece)という化学繊維を材料にしたブラウスの広告です。モニース繊維は1973年に登場した新繊維で、デュポン社が開発したものです。同社は1930年代半ばのナイロン開発をきっかけに世界の化学繊維をリードしてきた企業。

繊維をブラウスに仕上げたとありますが、繊維をブラウスに仕上げることはできません。繊維を糸に加工したのはカネボウ。その糸を織物に加工した会社は記されていませんが、織物を裁断縫製してブラウスに仕上げたのが併記された3社。

優雅でリッチなドレスアップ:<モニース>ブラウスだから(「婦人画報」1974年4月号)

優雅でリッチなドレスアップ:<モニース>ブラウスだから(「婦人画報」1974年4月号)

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました