甘い色調と繊細なデザインで春を描く:ニナ・リッチ

シルクプリントのツーピース。甘い色調と繊細なデザインで春を描く:ニナ・リッチLastModernの衣装
この記事は約2分で読めます。

甘い色調と繊細なデザインで春を描く:ニナ・リッチ

この写真は「マダム」鎌倉書房、1978年4月号11頁に掲載されたものです。

ブティック・ニナ・リッチのデザインしたシルクプリントのツーピースが紹介されています。

リード文

上品でさりげない服に定評のあるニナ・リッチは、ソフィスティケートな女らしい作品に本領を発揮します。いかにも春の訪れを感じさせるシルクプリントのツーピースは、ほどよくふくらみを持たせたパフスリーブと、ボディにつかず離れずのゆとりが計算されたオーバーブラウスに、ギャザースカートを組ませた着心地のよいコンビです。スカーフは共のプリントで少し大きめ。着る人の個性と好みでさまざまの使い方ができます。

出典「マダム」鎌倉書房、1978年4月号11頁

リード文批評

ソフィスティケートとは《趣味、考え、態度などが都会的に洗練されている》状態です。

今からみればわざわざ感のある単語です。田舎的に未洗練な女性はこういう服を田舎で着ません。

かなり作品とマッチした説明になっているので、弄るところがありません。

広告写真の批評

私がニナ・リッチなんぞの作品をナイスと思ったのは生地の配色です。

ピンクとパープルの花柄が瑞々しく映えてとても春らしくなっています。軽そうな生地柄なのでスカーフ風に仕立てた衿元や肩も邪魔には思えません。

と思ったら、共布(同じ布)をスカーフに使っているんですね。衿元が見えにくいですが、広めに取っています。スカーフとの併用を念頭においた広さかと思います。

パフ・スリーブが施され、ボディと適度な距離をもったブラウスにはゆとりが与えられ、ギャザーの施されたスカートもゆとりをもっています。その割に、生地が柔らかいゆえ、ダボついた感じはせずに以外とスリムな印象。

シルクプリントのツーピース。甘い色調と繊細なデザインで春を描く:ニナ・リッチ

「マダム」鎌倉書房、1978年4月号11頁

関連リンク

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました