マリー・クワント展覧会:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

マリー・クワントの展覧会関連コラム
この記事は約2分で読めます。

英国ロンドンのケンジントンにあるヴィクトリア・アンド・アルバート博物館は2019年4月6日(土曜日)から「マリー・クワント展」を開催すると報じました。

同博物館のプレビュー・メンバーたちに対する事前展示は既に売切れ。ちょっと勢いに飲まれそう…。

マリー・クワント展覧会:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

マリー・クワントアンドレ・クレージュと並び1960年代の世界的なミニスカート流行に火を付けたファッション・デザイナーです。同博物館の案内を翻訳してご紹介しておきます。

ミニスカートやホットパンツから活気に溢れたタイツやメイクまで、マリー・クワントがイギリスのハイストリートでどのようにファッション革命を起こしたかを見つけましょう。この展覧会には200点以上の衣服やアクセサリーが並び、その一部には、デザイナーの個人的なアーカイブをもとに、これまで見られることのできなかった作品も含まれています。 via V&A · Mary Quant

展示品の中心はマリー・クワントと1960年代に関する写真が中心です。案内の依拠ページによると1966年に写真家テレンス・ドナヴァンが撮影したツィギーの写真が登場しそう。

ツィギーは1960年代のミニスカートやミニドレスで世界一有名なアイコンです。展示写真は白黒ですが、この写真でツィギーはトルコ石色(青緑色)のモアレ(干渉縞)模様のタフタ織地で作られたベストとスカートを着ています。

つい白黒写真は見過ごしてしまいますが、具体的な色が分かったので少し調べて見たら、この写真をプリントしたトート・バッグがAmazon.ukで販売されているのを発見。

Bitly

この案内によりますと、展示物にはマリー・クワントの制作した衣服のうち、これまで非公開だったものが含まれています。現物を見られるのはいいですね。the METもえぐいけど、V&Aも負けてません。

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました